2018年12月24日

学園の日 〜高貴な芳香〜

IMG_0324.JPG

聖母マリアの記念日である12月8日は純心の「学園の日」です。今年も中高・短大・大学の生徒・学生や教職員、関係者が一堂に集い、マダレナ館で感謝のミサが捧げられました。鹿児島純心の前身は聖名高等女学校というカナダ人シスターの経営される学校でしたが、太平洋世界が近づく中、この学園を純心のシスターに託して帰国されました。その時、カナダ人シスターが去られた跡は何から何まで綺麗に整理整頓され、花まで飾られていたそうです。“後の人のために”創立者江角ヤス先生により伝えられたこの「高貴な芳香」のエピソードは、今も、そしてこれからも鹿児島純心の大切な「こころ」となってゆく事でしょう。図書館では、当時の書籍が展示されていました。

IMG_0684.jpg

IMG_0681.jpg

IMG_0686.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 13:49| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする