2019年03月28日

夏のニュージーランドだより – 中学生ターム留学F

M. I.さん

ニュージーランドに来て7週間が経ちました。ニュージーランドで過ごす事ができるのも残り1ヶ月をきりました。学校では、避難訓練がありました。授業中にサイレンが鳴り全生徒が校庭に集まり、話がありました。避難訓練は日本と似ているように感じました。今週のインターナショナルクラブは、クッキングでした。オーストラリアの料理でパンケーキに似ているお菓子を作りました。生地がふわふわでたくさんの果物と一緒に食べました。とっても美味しかったです。他国からの留学生との交流ができるとても良い機会になりました。クッキングは1学期に一回しかないのでとても貴重な経験が出来ました。金曜日には、クライストチャーチのモスクで、銃乱射事件がありました。私は、家に帰ってニュースを見て知りました。本当に驚きショックでした.. ホストマザーの学校がクライストチャーチの近くだったので、ホストマザーは帰りが遅く、とても疲れていました。ニュージーランドで初めてのことだと聞きとても心が痛みました。ホストマザーもなぜこのような事件が起きたのか理解ができないと本当に悲しんでいました…その日のニュースはほとんどがこの話題でした。土曜日には、朝からホストマザーがカフェに連れていってくれたので、朝ごはんはカフェで食べました。ニュージーランドに来て初めてカフェでの朝食だったのでとてもワクワクしました。日曜日は、友達と共に乗馬に行きました。私は、2回目だったので、あまり緊張はしませんでした。日本と比べて、土地が広いので、色んな種類の道を体験出来ました。羊がいる敷地を歩いたり、川を横切ったりしました。日本でやった時と、迫力が違って楽しかったです。
残り約3週間です。とても早く感じます。1週間過ぎるのはとっても早いので今まで以上に色んな事に挑戦して、取り組みたいです。

A.H.さん

ニュージーランドについて7週間が経ちました。先週、クライストチャーチで悲しい事件がありました。市内の学校も閉鎖されて、テレビでは事件に関わるニュース特集がたくさんありました。私が見たテレビでは、亡くなられた方々の家族や友達が「KIA KAHA 」という文字に沿って並んでいる映像が流れました。この言葉には「Be strong (強くいよう!)」「Be courageous (勇敢でいよう)」という意味が込められているらしく、簡単に言うと「頑張ろう!」という意味です。この言葉は、日本での東日本大震災をきっかけに日本とニュージーランドがお互いを励ますためのスローガンとして使われたそうです。ニュージーランドでこのような事件が起こったのは珍しいらしく、多くの方々が傷ついていました。学校内でも全校生徒で黙祷をしました。生徒達が木に青いリボンを結びつけていました。
ダーフィールド高校ではタイムテーブルというものが生徒一人一人にあって、1週間の授業が書かれています。わたしが取っている授業の中にFUR(Furniture making)というものがあります。この授業では、釘を使わずに木だけで箱や本棚を作ります。私はのこぎりで木を切るときにあまりうまく切ることができませんでした。また、木にやすりをかける大音量の機械も初めて扱いました。難しいことがたくさんありますが、日本ではなかなか体験することが出来ないことを、この学校では体験することが出来るのでとても楽しいです。
残り約3週間となりました。まだまだやりきれていないことがたくさん残っているので、もうすぐ帰るとなると後悔がたくさん残ってしまいます。残りの期間で、自分の為になることをたくさん吸収して、後悔のない留学になるよう頑張りたいです。

M.T.さん

ニュージーランドに来て7週間が経ちました。こちらの生活で最も充実していると感じるのは学校生活です。こちらの学校は選択制の授業なので日本と比べて科目は少ないです。私が一番楽しみにしている授業は家庭科です。主に毎週木曜日に調理実習があります。初めの頃の調理実習は作る作業より前に日本との文化の違いから学ぶ必要があった為、少し戸惑いもありましたが、今ではこちらの文化にも慣れて授業を楽しんでいます。1時間で作って食べるため、簡単なものが多いです。日本の調理実習の方が複雑に感じます。
一方で理科が苦手です。なぜなら、英語で専門用語を学ぶからです。今は実験の結果をレポートにするということをしています。単語を調べながらなので大変ですが自分のためだと思って継続したいと思います。
今週はクライストチャーチで銃乱射というとても悲惨な事件が起こりました。その頃、私は学校にいて帰りのバスでこちらの友達から聞きました。帰宅後もずっとニュースで取り上げられていました。私は短時間で罪のない多くの人が命を奪われた事にショックを受けると同時に恐怖を感じました。今日、世界には沢山の武器がありますが、使い方よりも先に使い道を考える必要があると思います。そして、今回の事件を心に刻んで毎日を大切に過ごしたいと思います。

IMG_3202.jpg

IMG_3201.jpg

International Club Cooking Term 1 (21).jpg

cache_Messagep27399.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 16:18| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

高校1年生 救急救命法を学ぶ

3月18日、中央消防署甲南分遣隊の方を
講師にお招きして、救急救命の方法を学び、実践しました。

心肺蘇生1.jpg

その中で、「とにかく声を出して、助けを求める」ということが1番大切だと学びました。
人が倒れているのを発見したとき、自分一人で119番通報をし、
AEDを持ってくるのには時間がかかります。
また、心臓マッサージも行わなければなりません。
心臓マッサージは1分間で100〜120回の速さで行わなければならないので、一人だとうまくできません。
実際に、1分間で100〜120回の速さで行ってみると、とても疲れました。
倒れている人の命を救うためにまず、何を行えばいいのかを考えなければなりません。
自分の行動が1つの命を救うことになることもあります。
もし、人が倒れているのを見かけたとき、今回の経験がいかせるようにしたいです。


心肺蘇生2.jpg


本科コース 二俣麗奈
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 19:09| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

中3 春の海外研修 レポート

今年度からはじまった中3の海外研修。先週純心中学を卒業し、4月純心高校に入学する生徒のうち25名がこの研修に参加しています。ほとんどの生徒にとってはじめての海外となりました。中学の学びを生かして英語でのPBLのプログラムや、アクティビティーなど、盛りだくさんの研修となります。初日は24時間を超える移動時間の後ホストファミリーにご対面でした。

IMG-0293.jpg

IMG-0299.jpg

IMG-0329.jpg



3月18日(月)最低−3℃ 最高12℃

ケロウナの初日の朝を迎えました。まだ道路に雪の残るケロウナは−3℃!現地の人は暖かくなってきたと言っていますが、鹿児島の子供たちには厳しい寒さです。午前中まずはテスト。ライティング、グラマー、スピーキングのテストがありました。スピーキングは先生2人とのインタビューです。日本でのこと、ホストファミリーのことなどの質問がありました。テスト後は2つのグループに分かれて英会話レッスン。純心中で鍛えられた英会話力は現地の先生たちをうならせていました。
ホストファミリーに準備してもらったランチを楽しんだ後はダウンタウンツアーへ出かけました。ケロウナの自然や町の人たちなど出会うものすべてに感動の初日を無事に終えました。

IMG-0372.jpg

IMG-0403.jpg

IMG-0432 (1).jpg

IMG-0440.jpg



3月19日(火) 晴れ

さわやかな朝を迎えました。今日も最低気温は−3℃。とても寒いのですが空気が気持ちよくてお日さまぽかぽかです。午前中は、インタビューとプレゼンに向けての表現と会話の授業でした。日本から準備してきた英文も見てもらい充実した授業となりました。ランチの後はパンドージーミュージアムの見学。1859年に、布教のためにケロウナにヨーロッパ人で初めてやってきたフランス人のパンドージー神父が、カトリックの教えだけでなく農業や灌漑システムも普及させケロウナに学校を作った歴史を学びました。事前学習で与えられた課題もペアで力を合わせてスラスラと解いていました。ケロウナはここ2、3日で急に暖かくなったようで積もっていた雪が急激に溶けあたりは水びたし。靴をびちょびちょにしながら雪で遊ぶ生徒も…

IMG-0446.jpg

IMG-0464.jpg

IMG-0473.jpg



3月20日(水)晴れ -1℃〜16℃

明日の最終プレゼンに向けての準備のため、ショッピングモールにインタビューに出かけました。
午前の最初の授業ではインタビューの仕方などの表現を学び準備万端。そしてノルマは1グループ3人。生徒たちは緊張して出かけて行きました。そして1時間半後、帰ってくる生徒たちに聞いてみるとどのグループも6、7人にインタビューできたようで、インタビューに出る前よりも少し頼もしく見えました。午後からは同じモールでショッピング。しかしただの買い物ではなく先生たちから与えられたミッションもあります。トイレの数を調べたり〇〇の値段を調べたりと、自分から主体的に動き英会話につながる仕掛けがたくさんありました。

IMG-0503.jpg

IMG-0507.jpg

IMG-0510.jpg



3月21日(木)晴れ −1℃〜18℃

ケロウナに来て毎日快晴。先週までは曇ったり寒かったりしたそうですが、今週になり雪もだいぶ溶けてきました。純心の生徒たちがケロウナに春を連れてきたようです。最終日の今日はいよいよプレゼン。日本や鹿児島や純心を「モノ」で伝えるという課題に生徒たちは冬休みから取り組んできました。実際にケロウナの人々にその「モノ」を見てもらいインタビューして集めた情報や感想をもとに、その「モノ」についての最終プレゼンをします。審査員は3人の先生。先生たちが一番興味を持ったものやほしいと思ったものがプレゼンの優勝となります。1位は「祝儀袋」のチーム。2位は「のど飴」のチームでした。そのほか風呂敷や箸置きなどたくさんの日本文化をプレゼンで伝えることができました。全員、授業の修了証書をもらい、午後からは楽しみの1つだったカーリングを体験しました。オリンピックで日本人にも馴染みのある競技になりましたが、カナダがルールのルーツだそうです。充実したプログラムが全て終了し明日は帰国となります。

IMG-0540.jpg

IMG-0575.jpg

IMG-0602.jpg

IMG-0637.jpg





posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 17:40| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする