2019年10月28日

中学1年生 長崎研修旅行3日目

中学1年生の長崎研修旅行も最終日。
最初に訪れたのは二十六聖人殉教の地です。26人の殉教者たちは今も静かに手を合わせ、西坂の丘で祈り続けています。
敷地内の記念館では、皆熱心にメモを取りながら、キリスト教の布教から弾圧の時代、そして近代にかけての歴史を学習していました。
熊本まで一時間ほどのフェリーの旅では、風を切って飛ぶかもめに歓声を上げ、旅の締めくくりを満喫しました。
最後はこの旅を支えてくださった沢山の方々に感謝をしながらの解散式。今頃、家でお土産話をたくさん聴いてもらっていることでしょう。
純心や、日本におけるキリスト教の歴史を学び、平和への思いを新たにした研修旅行でしたが、その他にも学びの多い、非常に充実した旅となりました。

5496CDB4E9734D55A2D1225FEABB642B.jpg

21760735C8314AA1885AC16A9662AD04.jpg

89A4CF8B079D4232B26E9535504D59D9.jpg

AF3DE886639A42A5A390F5155FCDAF81.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 19:10| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学1年生 長崎研修旅行2日目

長崎研修旅行2日目が終わり、様々な学びを深めた中学1年生です。
浦上天主堂では踏み絵の場所だったことを知ったり、ステンドグラスが美しい大聖堂に感動したりしていました。如己堂でも時間いっぱい永井隆先生について熱心にノートを取っていました。平和公園では市民大行進という世界平和を祈るイベントが丁度行われており、風船が空に舞い上がる中、記念写真を撮り、原爆の犠牲者に想いを馳せるいい機会となりました。
原爆資料館でも時間が足りないくらい熱心に見て回り、戦争の悲惨さを改めて痛感していました。その後の食事では、「この戦争の有り様を見た後で、食事をいただくのは申し訳なく感じる。」という声も聞こえてき、大人の自分がハッとさせられる機会も多い旅行です。
グラバー園では爽やかな秋晴れの中、長崎港に入ってきている豪華客船を眺めたり、ハートの石を探したり、と穏やかな時間を過ごすことができました。
明日も元気で無事に過ごせますように。

C8DA435F-7FE5-4657-A912-84B5B4E384F2.jpg

1A2BD861-41E0-4C09-AE46-C764A56B7159.jpg

C74C0BDC-16AD-4954-83EE-094A7073834F.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 08:42| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする