2020年05月28日

異文化理解〜『アルバトロス』という架空の国を体験して〜

5月27日(水)、英語コース1年生では、鹿児島純心女子大学の川上典子先生をお招きして、「異文化理解講座―アルバトロス、英語に学ぶ意義」を受講しました。
『アルバトロス』という架空の国を体験することで、異文化を理解し、お互いの文化を尊重する心を育むことで、英語を学ぶ必要性を学ぶという1年生で必ず行う異文化理解講座です。
受講した生徒は、
「アルバトロスみたいに言語を話さなくても、アイコンタクトやジェスチャーで相手に分かるんだなと思った。」
「一つ一つの仕草や表情にも意味があることが分かった。」
と、アルバトロスを体験することで、異文化理解を深めていたようでした。
また、
 「英語の学習をすることで、自分の将来につなげることができるし、たくさんの国の人々ともコミュニケーションを取ることができるので、とても楽しいと思いました。」
 「将来に生かせる学び方をしようと思った。」
など、英語を学ぶ意欲も高まった講座となったようでした。


IMG_3061.jpg

IMG_3059.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 19:48| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする