2020年05月29日

マリア様へのお手紙〜高校3年生〜

聖母月最後の週になりました。
最後の週は、高校3年生の書いた「マリア様へのお手紙」が紹介されました。

私は純心に入学して6年目です。純心での生活は、残り1年もありません。新しい環境で周りに知っている友達も少なく、不安な気持ちでいっぱいだった6年前の中学の入学式が懐かしく思います。中学から純心で過ごし、他の学校では学べないことをたくさん学ぶことができました。特に、Sr.江角の言葉が心に残りました。「何もしなければ0なのです。小さくても何かすれば、そこに何かが生まれます。人を喜ばせることができます。」この言葉は私を変えてくれました。何もしないのではなく、どんなに小さなことでもやってみようという思いを常に持つようになりました。これからも実行していきたいと思います。残りの純心生活、悔いの残らないよう過ごしていきます。どうかマリア様、私たちを見守ってください。

純心に入学して3年目を迎えました。純心に来てよかったと思えることの一つが、祈ることの大切さに気付いたことです。カトリック幼稚園だった私は、園児のころはなぜ食事の前後に祈るのか、「アーメン」って何なのかと不思議に思いつつもただ口を動かしていたように思います。しかし、今は祈りの際にたくさんの人が頭をよぎります。家族、友人、私を支えてくれている人、そして、どこかで苦しんでいる人々の姿、他の人のために祈り、自分の時間を費やすことは、とても大切なことだと感じるようになりました。今、新型コロナウイルス感染に苦しむ世界を感じます。マリア様、神様に取次ぎを願います。どうか新型コロナウイルスに立ち向かうすべての人々に勇気と力を与えてください。そして、世界中の人々に感染におびえる心から出る誹謗や中傷に心を奪われることなく、温かい心を持つことができるよう愛をお与えください。


NOAB4546.jpg

パンフ素材*0174.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 19:56| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする