2017年12月04日

待降節

待降節に入りました。学園内のあちこちにクリスマスの飾り付けが行われています。
今年は玄関に中学1年の有志たちが飾り付けを行いました。
IMG_0660.jpg

煉瓦運び、イルミネーション飾りなどを楽しみながらも2000年前のベツレヘムの様子を考えながら飾り付けました。学園での初めてのクリスマスを迎える1年生。クリスマスの本当の意味を少しずつ学んでいます。
IMG_0644.jpg

IMG_0661.jpg

ところで待降節とは?イエス・キリストの降誕を、希望を持って待ち、準備をする期間です。飾り付けなどの外面的なことだけでなく、大切なことは周りの人との関わりの中でマリア様の心のような清く温かい心、優しい心でイエス・キリストの降誕を迎えようとする内面の準備をすることです。

posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 14:35| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする