2017年12月12日

PBLキャンプ@長島大陸

12月9〜10日の2日間,長島町の長島大陸Nセンターと純心との提携プログラム,「PBLキャンプ@長島大陸(Startup Base U18)」が行われました。(PBL:プロジェクト型学習)

様々なクラスから16名の生徒が長島大陸Nセンターへ移動,Startup Base代表 森真悠子さんのアドバイスのもと,プログラムがスタートしました。

【1日目:チームづくりのための他己紹介】
他己紹介.JPG

【1日目:5つのチーム(株式会社)に分かれ,製品やサービスを創ります】
グループワーク1.JPG
パソコンなどを使って調べたり,長島町の住民の方にインタビューをしたりして,持ち寄ったアイデアが製品やサービスという「かたち」になっていきます。

【1日目:社会人メンターの方々からのアドバイス】
メンターからのアドバイス1.JPGメンターからのアドバイス2.JPG
山上農園の代表,山上博樹さん,東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役,ヤマシタケンタさんのお二人から,実際に起業している立場で,生徒たちの作った製品・サービスについてアドバイスをもらいました。
誰に対しての製品なのか,利益はどこから産み出すのかなど,1つ1つのアドバイスはとても貴重です。

【2日目:アドバイスをもとに改善】
グループワーク2.JPG
昨日いただいたアドバイスをもとに,さらに工夫や改善を積み重ねていきます。短い時間での製品・サービスづくり。頭をフル回転させ,チーム内で協力しながら作業が進んでいきます。

【2日目:発表】
発表.JPG
2日間の仕上げは製品・サービスの発表。ただの発表ではなく,ホームページやアプリの画面,お客様とのやりとり例など,具体的な「かたち」を実演しながらのプレゼンでした。
発表は,熊本県立大学名誉教授の明石照久先生と長島町地域おこし協力隊員の白鳥薫さんから審査をいただきました。

集合写真.JPG
純心の21世紀型教育で実践される,「考える経験」,「協働する経験」,「アウトプットする経験」をこのプログラムでたくさん経験することが出来ました。
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 12:27| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする