2018年07月04日

子育てに今も生きる純心精神 〜内村周子先生講演会〜

7月2日(火)本年度の文化講演会は、ロンドン・リオデジャネイロオリンピック体操男子個人金メダリスト内村航平選手の母として、また体操クラブ経営とともに御自身も体操選手として活躍され、クラシックバレエの指導にも取り組まれている内村周子先生をお迎えし、「夢を追い続けて・・・ 〜諦めない!ポジティブに!いつも元気なその秘訣〜」の演題でご講演を頂き、大好評のうちに終了いたしました。長崎の純心中学・高校をご卒業された先生は、卒業式の日の校長先生の言葉や現在鹿児島純心にいらっしゃる恩師のシスターとの思い出話などをたくさんご披露下さり、会場を大いに盛り上げて下さいました。そして二人のお子様が元気で生きているだけで嬉しいとおっしゃる親としての想い、そして今も心掛けていらっしゃるという学園標語「マリアさま、いやなことは私がよろこんで」に、何よりも同じ純心ファミリーとしての一体感を感じる事の出来た幸せな時間でした。ご多忙な中鹿児島までおいで頂いた内村先生、ご参加下さった保護者の皆さま、そして設営・撤収の生徒の皆さん、有難うございました。

IMG_1807_R.JPG

IMG_1811_R.JPG

IMG_1828_R.JPG

IMG_1845_R.JPG
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 14:53| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする