2018年07月10日

カナダ・ターム留学レポートJ

2年1組 N.N.

カナダ生活11週目が終わりました。今週は、地元の観光地に連れて行ってもらいました。
カンガルーファームでは、ホワイトカンガルーと触れ合ったり、子供のカンガルーを抱っこしたりと、ほんとに可愛いかったです!また日曜日はカナダ建国151年目の記念日Canada Dayでした。ホストファミリーに農場などに連れて行ってもらい、とても楽しかったです。ほんとにホストファミリーには感謝することばかりです!夜には、ホストファザーの誕生会もありました!みんなでBBQをしてケーキを食べ、ホストファミリーの親戚の方々も「久しぶり!」と言って名前を覚えていてくれたり、私が言いたいことを上手く伝えられない時も、嫌な顔せず待っていてくれる、本当に優しい人達ばかりです。残り1週間となりました。悔いの残らない1週間となるよう、楽しんで過ごしていきたいです。日本に帰る時に、成長した自分で帰れるよう最後まで頑張りたいです。

2年2組 R.M.

カナダでの11週目は自分にとってすごく大きなものが得られた週でした。私はホストファミリーと木曜日の夜から日曜日までの3泊4日のキャンピングにいきました。生まれて初めてキャンピングカーで寝泊まりし、子供たちと朝から晩まで野球をしました。すごく疲れたけど、それ以上に楽しかったし、英語でコミュニケーションをとれたことがすごく嬉しかったです。土曜日の夜にはホストファザーのカナディアンバンドのライブをみました。自分が1人で座っているとたくさんの方が声を掛けてくださり、ダンスを教えてくれて一緒に踊ったり、すごく充実した時間がすごせました。そして日曜日は建国記念日でした。友達とカナダ・デイのイベントをしている公園にいき、カナダの雰囲気を存分に味わいました。Immaculata high schoolの友達が「久しぶり、元気だった?」と声を掛けてくれたりして、本当に嬉しかったです。打ち上げ花火はすごく美しかったです。そして月曜日は振替休日でした。朝から友達の家に行き、サッカーのワールドカップをテレビ観戦しました。みんな日本を一緒に応援してくれて、本当に嬉しかったです。そしてお昼からBBQパーティに行きました。お世話になった方々ともう会えないかもしれないと思うと、別れが本当に辛かったです。自分を気にかけてくれた方々に感謝を忘れず生活しようと心から思いました。残りの1週間、全力で楽しみたいと思います。

2年3組 U.R.

毎日新しいことに触れ、刺激の多いカナダ生活もあと1週間で終わります。
今週の水曜日にはホストファミリーに連れられ、教会の方々と夕食をとりました。その時初対面の方と話をしたいと思えるようになったことが、留学の初めの頃からすると自分自身でも考えられないことで、成長を感じました。また、そこにいた方たちがコミュニケーションをとっているのをみると、とても和やかで温かい、本当の家族のようでした。キリスト教という宗教が、こんなにも素敵な人間関係をつくっているのだと感動しました。
7月1日はカナダ・デイ、カナダ建国記念日でした。愛国心の強いカナダ国民はこの日を盛大に祝いますが、先住民の方はこの日を喜ばないと聞き、驚きました。ニュースで先住民の女性が行方不明になったり殺害されているというのも知りました。カナダで先住民がどういう立場なのか、インターネットで調べたり、ホストマザーに意見を聞いたりして深めているところです。1つの会話や情報から自分で興味を持って学びを深めるという事を知りました。最後の1週間、私のカナダ生活を支えてくれた身近な方々、特にホストファミリーに感謝しながら過ごします。

IMG-9326_R.JPG

IMG-9325_R.JPG

IMG-9324_R.JPG
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 18:04| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする