2018年07月29日

カナダ・ホームステイBC

7月23日(月)2年1組 N.Y.

2週間のカナダ・ホームステイ。早くも1週間が経過しました。何もかもが初めてで、見るもの、聞くもの一つ一つに感銘を覚えました。ホストファミリーとも、毎日たくさんの会話をしています。私が聞き取れなかったり、分からない言葉があったりすると、分かるまで説明し、私の単語を繋げたような途切れ途切れの文章でも熱心にきいてくれて、本当に感謝しています。また、IGKでは、オールイングリッシュに少し苦しむこともありますが、楽しく学ぶことができ、毎日がとても充実しています。
この1週間で、“伝わる”ことの嬉しさや、人の温かさをとても感じました。残りの1週間も感謝の心を忘れず、好奇心を持って、多くのことを吸収してきたいと思います!

IMG-9429_R.JPG

IMG-9430_R.JPG

IMG-9431_R.JPG

7月24日(火) 2年2組  K.H.

午前中は、単語当てゲームをしました。知らなかった単語もあり、すこし難しかったけれど、いろんな単語を知ることができました。そして、物や事について説明する時に、言う順番を学びました。昨日と今日で、人の感情について言う時は、〜edで、物や動物、形容詞について言う時は〜ingで表現することを学びました。今までよく分かっていなかったので、今日で完璧に理解する事が出来て嬉しいです。
最近、仲が良くなった台湾人がいて、昼休みに中国語を教えてもらいました。

IMG-9439_R.JPG

IMG-9441_R.JPG



7月25日(水) 2年3組 A.Y.

今日の学習内容。時制、副詞、ロマンス英会話。

私がケロウナにきて感じたことは、日本の文化、中でも漫画、アニメ、ゲームといった文化が強く浸透しているということです。私はケロウナに来てからは通学に使用するバス停やバス内で毎日、誰かに話しかけています。そこで、日本について知っているものをきくと大抵、最初に述べた文化について話してくれます。更に、私が背負う日本のキャラクターを彷彿とさせるリュックをみて、毎日3,4人ほど声をかけてくれます。声をかけられる度に私は日本が発信する文化が世界で支持を得ていること、その事によって新しい人と人との繋がりができることをとても光栄に思います。おもちゃ店で日本のカードゲームを一緒にみていた子供たちにDo you like Japan?と聞くとOf course.と言われました。ケロウナにきて、更に日本が好きになりました。

7月26日(木) 2年2組 M.K..

カナダにホームステイにきてもうすぐ2週間になります。月曜から金曜は授業をうけて、土日は自由な時間を過ごしています。今日は形容詞、副詞の授業をしました。知らない単語も多くあったり、理解することが難しいです。しかし、周りの人と協力したりして、がんばるようにしています。ゲームもあったりして、楽しく学ぶことができました。自分から発言して考えたり、人の意見を聞いたりすることが大切だと改めて思いました。
カナダに来てから、多くの刺激をもらいます。あと少ししかないけど、多くのことを学んで、いい経験になるようにしたいです。

21.jpg

22.jpg

23.jpg


7月27日(金) 2年1組  A.S.

今日はIGK最後の日でした。この2週間短かったようですごく濃い日々を過ごせたのは、IGKのおかげです。今日の午後は先生のはからいで、私たちはクラスメイトと公園に出かけ、サッカーベースボールをし、スイカを食べました。IGKには本当にたくさんの人がおり、10人10文化、10人10言語、と言った感じです。私がこの2週間最も強く感じたのは、「もっと理解したい。もっと伝えたい。」という思いでした。新しく出来た友達ともっと話したいことがあって、そのためには英語を話さなければいけない。もっと相手のことを理解したくて、そのためには英語を聞き取れなければいけない。文法の教科書を読んでも書かれていないようなことが、IGKで、たくさん知ることが出来ました。リアルな日常としての生きた英語は私にとってとても良い刺激になりました。2週間の中でたくさんのことを教えてくださったIGKと、そこに通う仲間たちにとても感謝しています。

24.jpg

25.jpg

26.jpg













posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 12:14| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする