2018年11月05日

生活とつながる・社会とつながる「肌の授業」

先日,高校1年の生物基礎の時間を使い,「肌の授業」が行われました。
(メイク・メイク落としの際の画像ですので,画質を落としています。)
2018-10-31 11.31.57.jpg2018-10-31 09.06.54.jpg2018-10-31 11.51.35.jpg2018-11-01 14.37.22.jpg

皮膚の構造やはたらきを,ただ学ぶのではなく,より深く学ぶ(探究)ためのきっかけとして,日常生活とつなげる時間でした。

授業は,スキンケア製品を多数販売している花王株式会社の提供で行われ,専門的な肌の構造やはたらきと,正しいメイク落としの方法について学びました。

実習では,実際にファンデーションを使って基礎メイクを行ったあと,シートタイプのメイク落としを使って,メイク落としを体験。教材通して配布されたメイク道具に,生徒たちのテンションも上がり,楽しくメイク落としを実践することができました。

実習後は,「肌」や「メイク」に関連する言葉をマッピングでつなげ,教科の学びや生活がつながっていることを確認しました。

「メイクが落ちる様子を友達同士で確認できました!」
「女の子としてとても大切なことを学べました!」
「企業が専門的に研究・開発していることを知ることができました!」
「もっといろいろなことを知りたいです!」
など,充実した学びをつくることができました。
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 19:00| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする