2019年03月11日

高校1年生 平和への祈りを捧げます

折り鶴.jpg

2020年に東京オリンピックが開催されます。
現在、高校1年生は、保健の授業で
「PEACE 折り鶴」を折りました。
オリンピックの始まりについて学んでいく中で、
日本にオリンピックをもたらした嘉納治五郎さんについて学びを深め、
オリンピックのメリットやデメリットなど、
今までに知らなかった知識を得ることができました。

私たちが折った鶴には、1つ1つに、一人一人の平和に対する祈りが書いてあります。
「みんなが笑顔で、幸せに暮らせますように」
「貧困問題を解消できますように」
と、一人一人の願いは違うけれど、
それぞれが思う「未来」を見ることができます。

私たちは、SDGsについてこの1年考えてきたからこそ、
この平和に対する思いは強いのだと思います。
この折り鶴を折ったことで、未来につながるかというとそうではありません。
一人一人が未来を見つめなおし、小さなことでも平和に向けて実行することで、
私たちが願う未来が実現すると思います。

また、2020年には、鹿児島国体も開かれます。
オリンピックで日本人選手が頑張っているように、
私たちもオリンピック選手に負けないように、未来を見据え、
今を大切に頑張っていきたいです。

本科コース 長倉 しらべ
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 07:21| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする