2019年05月08日

2019ターム留学生レポート〔カナダ〕 A

2-2 M.Kさん

カナダに来て2週間が経ち、少しずつですがカナダの生活に慣れてきました。
ケロウナには優しい方がたくさんいて、バスに乗るときやお店でお会計をしているときなどにわからないことがあったとき質問したらすぐに教えてくださってすごく助かったことが何度もありました!また、ケロウナは自然豊かです。動物がいたり、湖があったりとすごく癒されるし、落ち着きます!そういった素敵な環境の中だからこそ落ち着いて英語を勉強できているなと思います。
英語で会話する時に、1週間前は文を作るだけで精一杯でしたが、過去形かなとか文法を考えて話せています!そして積極的にホストファミリーと話をするようになってきて、自分から話しかけるようなりました!残りの期間、楽しみながら頑張ります!

2-2 R.Tさん

カナダに来て早くも2週間が経ちました。今週はイースターだったので町中がイースターのお祝いで溢れていました。ホストファミリーともイースターディナーを食べたり、お祝いをしたりとても楽しい1週間でした。また、友達とケロウナの街を散策してケロウナの自然の美しさや人々の優しさを身をもって感じることも出来ました。IGKの授業だけでなく日常生活でも英語をもっとたくさん使って、英語力が上がるように頑張ります。

2-3 Y.Tさん

早くも2週間目が終わりました。もうこの生活には慣れてきたと思います。現地で友達もでき、とても充実していると思います。この前の小テストではとてもいい点をとることができました。まだまだ日にちはあるのでもっと頑張りたいと思っています。ケロウナの色々な所にも行けてとても楽しかったです。

2-3 S.Mさん

ここカナダのケロウナに来てから二週間が経ちました。私は一週間を振り返ってみると多くの学びにふれあえたと思います。 私が現在通っている語学学校は、多くの国から英語を学びに来ています。学校内は全て英語で会話をしなければならないのが学校の規則です。ジェスチャーを使ってみたり、意味の分からなかった言葉をその場で調べたりすることで、沢山の人と会話をすることができ、現在とても充実した学校生活を過ごしています。 そして、今週は祝日がありました。イースターサンデーです。私は、ホストファミリーとファミリーの親戚とお祝いをしました。並べられた食材も日本とは全く異なり、多くの文化にふれあうことができ、とても良い経験になったと思います。
来週も多くの学びを体験したいです。

2-4 A.Mさん

今週は月曜日に1日遅れの復活祭をホストファミリーと楽しみました。朝起きたらイースターバニーからプレゼントが置いてあってクリスマスみたいだなと思いました。お昼にはホストマザーの姉妹とその子供たちが来ました。前日がイースターだったのでエッグハントをしました。私は同じくらいの歳の子と3人で庭にお菓子やお金が入っているたまごを隠しました。今までイースターを経験したことがなかったので卵に色をつけたり、エッグハントをしたりしてカナダの文化を体験できました。
学校の中では英語しか話したらいけないので最初はあまり話していませんでしたが、同じクラスの人と休み時間に少しずつ話すようになりました。中国人やブラジル人の人とも話していて、その国と日本の違いが解って楽しいです。

2ー5 R.Fさん

カナダに来て2週間が経ちました。2週間経った今、いろんなことに慣れてきてカナダでの生活を楽しく感じています。しかし、今でも慣れないことや驚くことも沢山あります。どうすれば良いのか、何をすれば良いのか全て自分で考えて行動に移さなければなりません。語学学校でも、ホストファミリーとの生活でも、これから沢山の問題に当たるかもしれません。ですが、1つ1つを乗り越えてもっと成長していきたいと思います。また、英語力を身につけることも大切だけれど、多くの人とコミュニケーションを取り自分の考えや気持ちをしっかり伝えることが大切だと感じました。来週からは5月になるので気持ちを少し切り替えて、いろんなことを学んでいこうと思います。

IMG-0983.jpg

IMG-0985.jpg

IMG-0984.jpg

IMG-0986.jpg

IMG-0987.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 18:18| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする