2019年08月06日

社会同好会 高校生クリエイティブキャンプ 参加

 7月25〜29日,社会同好会の生徒4名(チーム名「Creati部」)は,秋田公立美術大学が主催する「高校生クリエイティブキャンプ」に参加しました。

 「高校生クリエイティブキャンプ」とは,全国の高校生を対象に,秋田での「超おもしろい合宿」企画を募集する公募事業です。全国の高校から書類審査で選ばれた4団体が実際に秋田に来て合宿を行い,合宿の成果を3分間のプレゼンテーションにまとめることで,高校生ならではの視点で,秋田のまちを楽しみ・活かすことを目指す事業です。

 社会同好会・Creati部の「秋田の良さと鹿児島の良さである食の魅力を存分に発信すること」を目標にした企画が全国の高校から選ばれた4団体の1つに選ばれました。

 シンデレラのお話をモチーフにして,私たちのあまり知らなかった,秋田のもっと全国に広めていきたい食材をピックアップし,鹿児島の名産品を加え,「シンデレラフード」を生み出すために,企画した合宿を実行しました。

<フィールド調査・準備>
 地元のスーパー,飲食店,市場などをめぐり,秋田の食材や料理について,フィールド調査を行いました。また,秋田公立美術大学の学生の方々の協力をいただきながら,チラシや看板等の制作を行いました。
resarch1.JPG

resarch3.jpeg

resarch2.jpeg



<合同プログラム>
 全国の高校から選ばれた4団体があつまり,合同プログラムを行いました。美術家・映像作家の山城大督さんのプロデュースによるワークショップ,秋田の五城目町名物の「だまこ鍋」の調理,キャンプファイアなどの様々な活動を通して,アートやチーム作りについて学び,参加団体同士の交流を深めました。
program1.JPG

program2.JPG

program4.JPG

program3.JPG



<プレゼンテーション>
 秋田公立美術大学で,参加団体による記者発表が行われました。それぞれの団体の企画を大学関係者,メディア関係者,高校生にプレゼンしました。
presentation1.JPG

presentation2.JPG

presentation3.JPG

presentation4.JPG



<試食会・お礼>
 大学の施設で「シンデレラフード」の試食会を行いました。鹿児島の鶏飯をモデルにして,秋田の食材を組み合わせたオリジナルの料理(「鶏麺」)や,ふくれ菓子,かるかんを作成し,地元の人たちに試食していただきました。多くの方から「おいしい」と,高い評価をいただきました。
 鹿児島に帰る前に,お世話になった生産者の方にお礼に行き,「シンデレラフード」のレシピを渡しました。
shishoku1.jpeg

shishoku2.JPG

shishoku3.JPG

shishoku4.jpeg

orei.jpeg



 今回の「高校生クリエイティブキャンプ」を通して,地域課題の発見と理解,課題の分析,解決策の実行など,様々な実践を行い,プロジェクトを進めることができました。
 社会同好会・Creati部の探究はまだまだ続きます。多くの場面でプロジェクトに協力いただき,ありがとうございました。
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 10:16| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする