2019年09月17日

英語コース 「国際理解」

高校3年英語コースの「国際理解」の授業を紹介します。
英語コースは3年生になると受験英語だけでなく、「時事英語」「グローバルカルチャーズ」「ユニバーサルイングリッシュ」という独自の科目の中で実用英語とその運用を学びます。
また、「国際理解」の授業では社会科の先生と外国人の先生そして英語科の先生のチームティーチングで異文化理解やプレゼンについての発展的な学習に取り組みます。

"Heritage of Japan"というテーマのもと50分に及ぶロングプレゼンテーションを行い、日本人としての意識を持ちながら英語で発信するこの取り組みは、SELHiに指定された平成17年から現在まで3年生英語コースの学びの集大成として続いているものです。

そして、今年も始まりました。
1組目のグループは日本人のおもてなしの精神を "Heritage of Japan"=残したい日本の遺産として取り上げました。
茶道の歴史をとおして日本人のおもてなしの精神にふれ、「my床の間」を作るアクティビティーをしたり、日本人のおもてなしの精神の見られる特徴的なものとして、日本のトイレ事情を紹介したりと充実した探究活動の成果の見られるプレゼンとなりました。
授業後の振り返りでは、これから国際人として社会に出る自分たちにできるおもてなしについて考えたりと学び多い1時間を過ごしました。
次のグループのトピックは「弁当」です。

IMG-2222.jpg

IMG-2227.jpg

IMG-2228.jpg

IMG-2229.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 at 16:18| 純心の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする